転職お役立ち情報

HOME > 転職お役立ち情報 > 転職お役立ち情報 – コミュニケーション

コミュニケーション

ビジネスで求められるコミュニケーション能力には、相手と上手にコミュニケーションを図るという要素に加え、相手の要望を上手く引き出したす能力、相手と折衝や交渉を円滑に進める能力も求められます。

コミュニケーション能力とは

求人票でコミュニケーション能力が必要という言葉は良く聞きます。実際どんなことができれば良いのでしょうか。
そこで実際会社で働くために必要なコミュニケーション能力とは何かを解説します。

報連相をキチンとおこなう
仕事で必要なコミュニケーション能力とは、日常生活で必要とされるものとは異なるということは、理解できるでしょう。仕事でまず身に付けたいコミュニケーション能力は基本中の基本である「報連相」といえます。
仕事の報告、連絡、相談をキチンとできてこそ、まずは社会人のコミュニケーション能力の基礎があるということになります。そして、「報連相」のタイミングと相手も大事です。
はじめは直属の上司を頼ればいいですが、そのうち案件によっては報連相の相手を変えて行えるようになると思います。また、「報連相」のタイミングを見計らう力もコミュニケーション能力と言えます。
物事を要領よく伝える
仕事でのコミュニケーション能力には、物事をわかりやすくかつ簡潔に伝えることも含まれます。特に上司に物事を伝える際には、結論から先に伝えることを心がけてみてください。
例えば、報告なのか質問なのか、相談なのかを先に伝えてから、その後、物事をわかりやすく伝えることも必要です。自分が物事を上手く整理してつたえることが苦手だと感じていれば、まず報告する前にノート等に箇条書きで伝えることをまとめるのも良いでしょう。
良い聞き手になりましょう
コミュニケーション力といわれれば、自分から情報を発信することと思いがちですが、情報を受けとめる力、つまり聞く力も大事になってきます。
相手の話をキチンと受け止められるということは、次に求められる行動を正しく行えるということに繋がります。また、情報を持っている相手の言葉を引き出していくことも重要となります。
相手から信頼されるということも必要になってきます。どれだけ相手に話をする価値のある人間かということを理解してもらうために、聞き上手を目指しましょう。
コミュニケーション能力は鍛えることができます
コミュニケーション能力を身に付けるのは難しいですが、意識をしていけば必ず身につきます。
仕事が複雑化するとこのコミュニケーション能力はもっと重要になってくるでしょう。