Uターン・Iターン・Jターン転職

HOME > Uターン・Iターン・Jターン転職

Uターン・Iターン・Jターン転職とは

  • Uターン転職

    「Uターン就職」とは、地方で生まれ育った人が都会の学校に進み、その卒業後に故郷に戻って就職することを指します。
    これに対して、「Uターン転職」とは、地方で生まれ育った後、都会で学校を卒業。そのまま都心で就職し、生まれ育った土地に別の仕事を求め、移住して転職することを言います。学校は地元で卒業し、就職に際して都会に出て、その後、地元へ移住し転職することも「Uターン転職」に含まれます。

  • Iターン転職

    「Iターン転職」は、都会に生まれ育ち、都心で就職した後、地方に移住して働くことを指します。
    都会と地方では、文化や生活スタイルが大きく異なります。都会で生まれ育った人が、旅行などをきっかけに地方の暮らしを体験し、都会にはない魅力を感じてIターン転職をすることも少なくありません。
    また、独立や起業をしたいと思っている人が、都会では手に入りにくい経済資源や地価、優遇制度などを求めて地方に移住するケースも増えています。

  • Jターン転職

    「Jターン転職」は、地方出身者が都会で就職し、その後生まれ育った故郷とは異なる地方で働くことを指します。
    家族や地元の友人との距離の近さや、豊かな自然環境やゆとりをもった生活リズム、人とのつながりなど地方ならではの生活環境を望みつつも、地元には自分が希望する仕事がない、都会の利便性も捨てがたいという場合に、地元に近い地方都市などに移住する人が多いようです。
    地方都市では、都会ほど家賃や物価は高くないけれど、田舎よりも利便性が高く、生活には適していると感じる傾向があるようです。

宍粟市 空き家バンク制度

近年では、優秀な人材を採用したい地方都市の企業や、地域活性化の取り組みを強化する地方自治体が増えています。定住を希望する人に向けてリーズナブルな公共住宅などを提供する自治体も出てきました。
アシスト管理部、山崎営業所がある宍粟市においてはUターン・Iターン希望者の定住促進を実現するために空き家バンクの情報を提供しています。