転職お役立ち情報

HOME > 転職お役立ち情報 > 転職お役立ち情報 – 事務職とは

事務職とは

事務職とは、書類の作成や処理、ファイリングや整理、データ入力や電話応対・来客応対などの業務全般の職を意味します。一般事務、営業事務、人事事務、医療事務など、企業に必要不可欠な職業と言えます。

事務職の基本知識

事務職の仕事内容は様々です。業界や業種で異なりますし、任される業務の範囲も違います。どんな事務の仕事があるか、どんな人に向いているか、活かせる資格やスキルは何かについてご紹介します。「事務の仕事に興味がある」という方はもちろん、「どんな仕事かよく知らない…」という方も、仕事選びにお役立てください。

事務の仕事内容
企業によって様々ですが、書類作成、伝票作成や処理、電話・来客応対などが一般的です。
配属される部署や業務によって「○○事務」と呼び名が変わることもあります。例えば、営業部で見積作成や営業資料の作成をサポートする「営業事務」や、病院内で受付や医療費の計算などを行なう「医療事務」、会社内の事務処理全般に関わる「一般事務」などが代表的です。
また、広報・経理・総務・法務など、バックオフィス系の職種全般を指して「事務」や「事務系職種」などと言うこともあります。事務職への転職を検討する際は、具体的な仕事の内容、配属部署などをあらかじめ確認しておくと、仕事内容がイメージしやすくなると思います。
どんな人が向いているか
会社や部署の事務処理全般を担ったり、誰かのサポートを行うことが多いため、「人のために働きたい」「誰かを手助けしたい」といったホスピタリティのある方が向いていると言えます。
もしかしたら事務の仕事について、黙々と作業を進めるイメージがある方もいらっしゃるかもしれません。しかし、電話対応や来客対応を行なうことも多く、コミュニケーション能力がある方や、常に先回りして物事を考えるなどの気遣いができる方も、充分に活躍できます。
また、書類作成や数字の計算など、コツコツと、慎重で丁寧に仕事を進められることも大きな強みになります。
どんな資格やスキルが活かせるか
事務職は求人サイト上でも、未経験から始められる求人が数多く掲載されています。
持っていると活かせる資格やスキルとしては、パソコンを使っての書類作成・資料作成をすることが多いことから、WordやExcel、Power Pointの基本操作などがあります。
また、簿記や秘書検定などの資格をもっている場合は、関わる仕事の幅を広げることにつながります。

いかがでしたでしょうか。事務の仕事は、企業によって、また、配属される部署や担当する業務内容によって、かなり異なります。事務への転職を希望される際は、どんな仕事を担当するのかをよく確認されることをお勧めします。